艦長顔

山? 努

実写版映画「宇宙戦艦ヤマト」で

沖田十三艦長

演じると発表されたそうな(10/2)

どひゃ〜!これ以上ナイスな

キャスティングが他にあるだろうか!

威厳、信頼感、人間味、

重厚でありながら、ユーモラスな

存在感がピッタリ重なる。

かつてゴルゴ13を高倉健が演じた

以上のはまり役かも。

製作発表では

ヒロイン・森雪役が

お騒がせ女優の沢尻エリカから

黒木メイサに変わったことが

注目を集めたようだけど

そんなことはほとんどどうでもいい。

キムタクが古代進をやることに

違和感を感じるヤマトファンも

大勢いるみたいだけど、

このキャスティングがあれば

ワタシは目をつぶっちゃうね。

だって宇宙戦艦ヤマトの主役は

ワタシにとっては沖田艦長だから。

山崎努サンが実写ヤマトの艦長なら

ワタシは諸手を挙げて乗艦する。

イスカンダルだろうが、マゼラン星雲だろうが

宇宙の果てまでついて行く。

キムタク古代の代わりに

艦長に怒鳴られたいくらいだ。

ところで、映画の指揮を取るのが

日本屈指のVFXの使い手

山崎貴監督に決まったというのも心強いね。

ちょっと前にテレビ放映された

パチンコのCMでCR版ヤマトの

3Dアニメの質の高さに驚いたけど、

「続・三丁目の夕日」の

オープニングシーンで

VFX版ゴジラをド迫力で

魅せてくれた山崎貴監督なら、

きっとCR版ヤマトを凌駕する

重厚で迫力のあるヤマトを

発進させてくれるに違いない。

期待してます!

出来れば、宮川泰サンの作った

オリジナルアニメの名作の劇伴を

そのまま映画でも効果音楽に

使って欲しいもんです。

息子さんの宮川彬良サンが

音楽監督なら言うことなしです。



 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏