VFX顔

山崎貴監督

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで

VFX(ビジュアル・エフェクツ)の世界を

未来・SFから、過去・レトロへ

押し広げた山崎貴監督が、

挑戦したいと思っているのが

「ナウシカの実写版」だそうな。

NHKテレビ番組「トップランナー」に出演して

夢を語っていた(4/21放送)

誰もが実現不可能だって言うんですけど、と

前置きしての発言だった。

いや、だけど、それは出来る!

というかゼヒ、やってほしい!

ワタシはテレビの前で正座して

こぶしを振り上げた。

なにしろ山崎監督は

「続・三丁目」のイントロ部分で

日本映画史上最強にして最大のヒーロー

ゴジラを本家の東宝ゴジラシリーズを

しのぐ迫力で「実写化」した実績がある。

あのリアル感は間違いなく

今の日本の特撮映画界の頂点にある。

いや〜、考えただけでワクワクするじゃない。

いまやゴジラに続く世界ブランドの

宮崎駿ワールド、その代表作「ナウシカ」が

実写化されるなんて。

うん。これはスゴイ企画だ。

ぜひとも単なる短編ではなく

宮崎駿監督が漫画で描きおろした

「風の谷のナウシカ」単行本7巻分を

完全に再現してもらいたい。

「火の七日間」「腐海」に代表される

あの壮大なファンタジー世界が

リアルな質感を持って再現され

「王蟲」や「巨神兵」などの

宮崎駿印のクリーチャーが

存在感をスケールアップして

超ド迫力で暴れまわる。

しかも宮崎駿監督の

哲学的なメッセージを失わずに

描き切ることができれば

ハリウッド映画の「指輪物語」や

「スター・ウオーズ」以上の壮大な

超大作シリーズが出来るんじゃないのかな。

問題は、日本映画史上

最大級になるだろう

この超大作の製作資金を

どうやって集めるかだけれど、

もう、いっそのこと

国家プロジェクト

にしちゃうとかさ。

だってさ、「風の谷のナウシカ」は

「環境問題」と「戦争」がテーマだもん。

世界人類規模の共通問題じゃない。

日本が世界に対してオピニオンリーダーになる

最強のツールだと思う。

なにしろ、世界に広がったオタク世代の

潜在能力はスゴイからね。

もしかしたらアメリカの

元副大統領アル・ゴアさんの

「不都合な真実」に匹敵する力を

持ってるかもしれないぞ。

「風の谷のナウシカ」実写映画化とあわせて

世界に環境問題の解決・協力を訴える

日本発のムーブメント

「ナウシカ・プロジェクト」

って、どう?

荒唐無稽に聞こえるかもしれないけどさ

外交に漫画・アニメ文化を取り入れようとした

麻生さんとか、最近環境問題に熱心な

小泉さんや安倍ちゃんが飛びついたりすると

あっというまに実現したりして。

・・・あ、でも核や原子力推進派の人はダメだ。

「火の七日間」の原因になりそうだもんね。

やっぱり政治と関係ないところで

このプロジェクトをすすめないとね。




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏