うつぶせ顔

植田辰哉

日本男子バレー監督

世界ランキング12位の日本が

6位のアルゼンチンを破り、

16年ぶりの五輪出場権を得たそうな(5/7)

荻野選手のスパイクがブロックアウトになって

勝利が決まった瞬間、

植田監督はコートに大の字になって倒れた。

しかも、前のめりのうつぶせ。

まるで狙撃されたみたい。

いろんな感激の瞬間があるけれど

こんなパフォーマンスは初めて見たなあ(笑)

植田監督は、日本代表チームが

最後に出場した16年前の

バルセロナオリンピックの時の

日本代表チーム主将だったとか。

以来続いていた男子バレーの暗黒時代を

自分の教え子たちが打ち破ってくれたのが

よっぽど嬉しかったんだろうね。

なにしろ、この北京五輪最終予選大会は

初戦にイタリアをマッチポイントまで

追い込んでおきながらの

まさかの大逆転負けで始まった。

あの時は、バンザイどころか、

お手上げだったんだからね。

よくここまで盛り返したもんだ。

植田監督は試合後、北京五輪に対する

意気込みを問われて

「はっきり言って、メダルを狙います!」

と宣言したそうな。

ゼヒ、北京でメダル獲得を決めて

こんどは選手全員でやってほしいな。

うつぶせの

バンザイ!




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏