右より顔

田母神俊雄

前航空幕僚長

日本外国特派員協会で講演し(12/1)

「白人国家の侵略の歴史はそっちのけで、

日本だけが不利益を被っているのではないか」

「周辺国から『日本は侵略国家』と言われるが、

黙っているのは国益を損なう」

など、あいかわらずの持論を展開したそうな。

さらに田母神サンは年末にかけて

あちこちで講演が控えているんだって。

この事態にほかならぬ政府や防衛省が

神経を尖らせているとか。

ついこの前まで現役の航空自衛隊のトップが、

政府見解から逸脱する発言を

公然と繰り返えせば、そりゃ当然

政府や自衛隊へ批判が大きくなるもんね。

だけど、もはや一民間人だし、

打つ手がないようだ。

制御不能、どこへ飛んでいくかわからない

糸の切れた凧、いや

タカ




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏