日時 2013年2月8日(金)午後7時半 開演 (6時半開場)

場所 音や金時 (西荻窪駅北口から徒歩3分のライブハウス・食事も出来ます) 

東京都杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
TEL: 03-5382-2020

http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/index.html

ライブチャージ2600円+ドリンク

出演 ゴロ画伯(松村宏) 吉見征樹(タブラ) 壺井彰久(ヴァイオリン)

ニュース漫画家&イラストレーターの松村宏が描く、オリジナル紙芝居の世界。

痛快、抱腹絶倒の爆笑ネタ。上質のエンターテイメント、大人の笑いをお届けします!

「おんがく紙芝居」音や金時ライブの4回目の今回は、おなじみインド打楽器・タブラ演奏の

第一人者、吉見征樹のおっちゃんの爆裂トークに加え、エレキ・ヴァイオリンの驚愕の調べ

壺井彰久!脳を刺激する宇宙的音色!無敵インド瞑想リズムに、無限に広がる

美しいメロディーラインを加えて、紙芝居の世界がビッグバン膨張します!

時事風刺あり、すべらない話あり、ファンタジーあり、感動のドラマあり!

見なきゃソン、聴かなきゃソン、楽しまなきゃソン!日本でただひとつのスペシャルユニット!

「おんがく紙芝居」を体験しにゼヒぜひ来て下さい!

おまちしてま〜す!

哀の劇場 2012 目次

哀の劇場 2012 目次
レッドの国では、いまマンガやアニメ産業の振興策がめざましいそうですね。いつまでも、パクってばかりじゃイカン、国が後押しするから、もっと金を稼げるようにオリジナル作れ!ということなんでしょうか。

ワタシが得意にしている時事風刺のジャンルはどうなんでしょう。たぶん、後押しはしてくれないでしょうねえ。それどころか、きっと、手を出すとやばいことになりそうですよね・・・・・。

風刺漫画のない漫画大国なんてあるんでしょうか。

でも、日本も「風刺」という言葉は死語になりつつあるような気もします。すべてのエンターテイメントで、めんどくさい「風刺」というスパイスを入れたがらない風潮があるような。だ〜れも、ワタシに時事風刺を発注してこないですもんね。

ところで、今週土曜、5月26日は「だらず夜市」

山陰近辺にお住まいの方は、ぜひ遊びに来てくださいね!

全国のシャッター通りを生き返らせる、切り札コンテンツです!