開放顔

岡田克也

外務大臣

外相と副大臣、外務報道官が

外務省で行う記者会見を

原則としてすべてのメディアに

開放する

と発表したそうな(9/29)

記者クラブに所属する

大手メディアの記者しか取材できない

これまでのやりかたでは

大手メディア以外の記者の

取材機会を奪うことになりかねず、

国民の知る権利にもかかわるという。

これは、スゴイ画期的な決断だ。

インターネット・メディアやフリー記者でも

自由に取材ができるわけだ。

他の省庁も「右へならえ」

することになると、

官僚制を批判していながら

実は自身が最も官僚的な体質の

大手マスコミにとっては

嬉しくない事態だ。

その証拠に、この岡田サンの決断を

大手マスコミは大きく取り上げる

ところはなかなかない。







 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏