消費顔

野田聖子

消費者行政担当相

中国製冷凍ギョーザによる中毒事件が

中国国内でも起きたらしいんだけど

野田サンはマスコミの報道で知ったそうな(8/6)。

だけど、この情報は7月の洞爺湖サミット前には

外交ルートを通じて日本政府に

とっくに伝わっていたらしいよ。

野田サンはギョーザ事件に対する

政府の関係閣僚会議の

取りまとめ役なのに、なんで

いままで伝わってこなかったのかねえ。

新しい福田政権の目玉で

設置が検討されている消費者庁は

「消費者を主役とする政府のかじ取り役」

「消費者・生活者の視点に立つ行政」

とかなんとか言ってるけど、

これじゃゼンゼン期待できそうにないなあ。

来るべき消費税アップの免罪符というか、

ただのお飾りになっちゃうんじゃないのかなあ。

中国ギョーザ問題解決に向け

リーダーシップとるなんてとてもムリなら

せめて、日本の消費者のために、

やってほしいことがある。

まず最初に消費期限を貼ってちょ。

福田新内閣の




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏