道場破り顔

森下滋

ジャズピアニスト

世界で最も歴史と権威がある

米・モントレー・ジャズ・フェスティバル50周年に

日本代表として参加し、

耳の肥えた本場のジャズファンたちを

熱狂させたクインテットの凱旋公演が

新宿ピットインで行われた(4/20)

森下滋(ピアノ)
田中邦和(サックス)
片岡雄三(トロンボーン)
高瀬裕(ウッドベース)
江藤良人(ドラム)

海を渡ってメジャーの

道場破りをしてきた

オールジャパンの演奏とは

どんなもんかと思って

聴きに行ってきたんだけど、

ぶったまげた。

まるでフォーミュラーエンジンを

搭載したようなバンドだった。

加速Gでイスの背もたれに体が飛んだ。

とんでもない車に乗ってドライブが始まった。

窓から見える景色が、これまで経験した

どんな演奏とも違う。

圧倒的なパワーだけど、

乗り心地はベンツみたい。

減速なしでコーナーに突っ込んでいくんだけど、

一滴の水もこぼすことなく

どんなカーブもすり抜けながら

ビュンビュン飛ばしていく爽快感。

精密機械のような確実さで

無限大に加速する。

これだったら、本場ジャズファンが

熱狂したのもうなずける。

無名の東洋人バンドの演奏だったのに

あっというまに会場に聴衆があふれ、

最後は600人がスタンディング・オベーションで

讃えたという実力は本物だと思った。

ところが、なんとこのバンド、

まだ一枚のCDも作ってないそうな。

メンバーそれぞれが売れっ子で

あちこちのセッションに参加していて

なかなか勢ぞろいできないとか。

う〜ん、もったいない。

イチローや松坂が率いて世界一になった

WBCの日本代表チーム

みたいなもんなのかなあ。

次はいつ、このチームが再結集するんだろう。




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏