エース顔

松坂大輔投手

第2回WBCの2次ラウンド初戦

キューバ相手に先発(3/17)

6回を8奪三振で無失点の好投。

6−0の完勝に結びつけた。

ワタシは普段極端な夜型なのに

まだ薄暗いうちから早起きして

テレビにかじりついて

応援したかいがあったよ。

キューバの先発、チャプマン投手が

審判の判定に不服で

イライラして自滅したのに比べ

松坂投手の落ち着きぶりが際立っていたなあ。

特に、名手イチローと城島選手が

続けてファールフライを落球するという

珍事がおこった場面。

松坂投手は表情一つ変えず

三振で嫌なムードをぶった切った。

エースとはこういうことだと

世界中に手本を示すような貫禄。

V2達成するには、まだまだ

激戦が続いていくだろうけど、

展開によっては先発以外でも

登板があるかも。

その時は、エースの中のエース

オールマイティ!




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏