いなされ顔

松浪健四郎

文部科学副大臣

若手力士のリンチ殺人事件の

「再発防止委員会」の

最後の部屋視察となった

北の湖部屋に同行したそうな(4/14)

事件発覚後、相撲協会に

組織改革に向けての具体的な動きが

まったく見られないことに業を煮やして

直接乗り込んで、理事長に組織改革を

直談判するつもりだったようだ。

協会に初めて外部理事を導入するよう強く要請。

元・大横綱を土俵際まで猛然と押し込む作戦。

ところが、その話なら国技館で願いたいと

松浪サンは北の湖理事長に軽〜く

いなされたんだってさ。

しょうがないから車でワザワザ国技館まで移動して

あらためて理事長室で懇談。

でも、たった30分で終わったそうな。

理事長一人で決められるものではないから、と

ここでもまともに組んでもらえなかったみたい。

松浪サンは暖簾に腕押し状態で

そうとうイライラしていたらしいね。

会談、記者のインタビューに

「前回はアドバイスという形でしたが、次は・・・」

と、圧力をかけるようなことをチラつかせたとか。

だけど、ねえ。たとえ副大臣とはいえ、

松浪サンがいくら脅してみても

相撲協会はもっと大物政治家を

動かせるんじゃないの?

なんだか、足元見られてるような感じだね。

いや、チョンマゲかも。

松浪サン、元・大横綱の理事長と

がっぷり組んでもらいたいなら次は・・・

大銀杏

を結おう!!!




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏