オっちゃん顔

益川敏英教授

ノーベル賞を受賞した4人の中で、

ワタシが一番親近感を持つキャラクター。

受賞直後は報道陣のカメラの前で

バンザイの格好をしてみせながら、

「記者にとっては絵になるが、

全然うれしくないという気持ちは変わらない」

てな強がりを言ってたくせに、翌朝の会見では

尊敬する南部陽一郎先生に話が及ぶと

感情が高ぶって、落涙(10/8)。

一緒に賞をいただけることは

研究者として感無量です」

涙を拭おうとしてハンカチでメガネを直接

抑えてしまって慌てたあたりが

なんとも味がある。

メガネ拭いてどうすんねん!と

思わずこっちが、もらい泣きしながらツッコミたくなる

関西のオッちゃんだ。

そういえば、現在教鞭をとる

京産大は、鶴瓶サンや

あのねのねの原田伸郎サンと清水國明サン、

それに北野誠サンなどの出身校だとか。

歌手の堀内孝雄サンもそうらしい。

いいねえ。だって、ずいぶん小柄な益川センセも

キャラクターでヒケをとらないもん。

ニュースで映っていた奥さんとのやりとりは

まるで漫才みたいだったしさ。

ノーベル賞学者なのに英語が大の苦手で

パスポートすら持っていないってのが

またなんともユニークだよねえ。

絶対内容は理解できないけど、

講義受けてみたくなる先生だ。




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏