輸出顔

魔裟斗

K−1ワールドMAX(10/3)で

念願だった二度目の優勝を果たした。

すごい根性だったね〜。

準決勝、決勝ともに

ダウンを喫してからの逆転勝利。

魔裟斗選手は二選手から

一度もダウンを奪えていないのに

判定勝利に説得力があったのは

がむしゃらに攻撃に徹する気迫が

テレビ画面を通しても尋常じゃなかった。

谷川貞治プロデューサーも

魔裟斗の戦いぶりを高く評価して

ここ数年で一番感動したと興奮、

一夜明けての会見では

海外で大会を開催する意欲を

示したそうな。

「昨日の魔裟斗選手の試合を

見せれば絶対にウケる」だって。

魔裟斗選手の輸出だ。

でも、本人は

「今はゆっくり温泉につかりたい」

だって。日本人っぽい〜。

そりゃそうだ、準決勝、決勝と

歴史的な激戦を戦い抜いて

疲労困憊、次のことなんか考えたくないよね。

それが証拠に、会見に来るのに

奪取したベルトを自宅に

置き忘れ来たらしい(笑)。

いや、ホントは、5年越しにやっと獲ることができた

大事な大事なベルトを

家の外に出したくなかったのかもね。

海外での大会は格闘技の人気が高い、

欧州やラスベガスが候補地らしいんだけど、

完全アウエーで、戦うのは厳しい・・・かも




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏