ひたむき顔

大関琴欧洲

名古屋場所、土つかずの

8連勝で折り返したね(7/19)

初優勝した昨年の

夏場所以来だって。

対戦相手の把瑠都の

アゴの下に頭をつけ、

内無双まで繰り出すという

203センチの巨漢大関とは思えない

技能相撲だったなあ。

まるで舞の海みたい(笑)

いつもながらの窮屈な取り口、と

口うるさい好角家からは

評価されないかもしれないけれど

勝ちにこだわるひたむきさが出てて

いいんじゃないのかねえ。

場所前の稽古でずいぶん

番数をこなしたらしい。

下半身の安定が目を引くもんね。




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏