ピンチ顔

北の富士

初場所12日間が終わって(1/22)

休場明けの朝青龍がただ独り12戦全勝、

白鵬が1敗でただひとり追いかけるまさかの展開。

場所が始る前に、朝青龍の強行出場について

「初場所は出たらダメ

(結果は)火を見るより明らか」

と散々に酷評(1/7)した北の富士サン、

逆に窮地に追い込まれてる感じ。

朝青龍が単独トップに立った10日目には

「このまま朝青龍を優勝を

させたら、横綱、大関は何をしていたんだ、と

大変な事になる」

と、強い危機感を口にしたとか。

具体的にはどんな大変なことになるのか

素人からは想像がつかないけどさ(笑)。

だけど、相撲解説者としては

「何を見てたんだ」

と、非難受けなきゃならないのは覚悟しないとねえ。

少なくとも相撲解説者として

第一人者の名声は失墜する。

ヘタしたら朝青龍から逆に

解説者引退勧告!

されたりして。

13日目は、大関千代大海が朝青龍と対戦。

北の富士サンのかつての愛弟子が

元師匠の窮地を救えるか?

国技館に行って、この目で見てこようっと!




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏