全米デビュー顔

木村拓哉

日本のサムライが海を渡って、

本場で勝負を挑むってフレーズは

プロ野球の話だけではないみたい。

キムタクの主演映画「武士の一分」が

全米公開されるそうな。

04年に「たそがれ清兵衛」がアカデミー賞の

外国語映画賞にノミネートされ、

アメリカ国内の知名度と評価が一躍高まった

山田洋次監督への期待と

主演が「日本のトップスター」という話題性で、

配給会社がヒットが狙えると思ったらしい。

日本ではカリスマ的な人気を誇るキムタクさんも

さすがにこれは初めてだよね。

松坂大輔投手のように、本場で実績が残せるかな?

ところで、むこうでのタイトルは

「Love and Honor」

だってさ。ふぅ〜む。

一般的なアメリカ人大衆が思い描くであろう

いわゆるサムライ・ムービーや

チャンバラ・アクションではないと、

言いたかったんだろうけど

ずいぶんとまた、女性客のウケを狙ったもんだ。

これじゃ「武士の一分(いちぶん)」のタイトルから

漂ってくる、悲壮な覚悟っていう感じがあんまりしないぞ。

だいたい、この英題を読んで想像する

日本のドラマといえば時代劇じゃないもん。

「愛と誠」

(※若い世代には十分、時代劇かも)




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏