リベンジ顔

金妍児選手

ロスで行われた女子フィギュア世界選手権で

SPもフリーも共にトップ、

計207.71点という世界最高得点で

韓国初となる金メダルを獲得したそうな(3/29)

これまで最高だった浅田真央ちゃんの

199.52点(06年NHK杯)を抜いて

女子初の200点代に突入。

昨年、地元韓国で行われた

GPファイナルで、浅田真央ちゃんに

逆転を許して二位に落ちた屈辱、

そして、野球WBCの日韓対決敗北を

リベンジするかのような活躍。

ライバルに負けた悔しさで

より強く成長するという見本だね。

一方、今回負けた真央ちゃんは

世界選手権の連覇を逃したどころか、

4位に終わり、シニア転向以来、

21戦目にして初めて

表彰台に上れないという

屈辱を味わってしまった。

むむむ。

でも、真央ちゃんがこれで終わるわけがないよね。

勝負は来年のバンクーバー五輪だ。

キム・ヨナ選手に負けた悔しさで

さらに闘争心が燃え上がるに違いない。

今度戦うときはより強大にバージョンアップだ!

怖いぞ〜!

その時は真央ちゃんなんて呼ばせない!

浅田魔王!




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏