世界のナベアツが落語家デビュー

2012.1.4

桂三度


だらず様、覚えておられますか。

「3の倍数と3が付く数字のときだけアホになる」

てネタで人気者になったあの世界のナベアツ。

もともと放送作家から芸人に転身して成功したんですが

今度は桂三度という落語家に転身

1月3日に東京・品川で開かれた

寄席で高座デビューしたすこです。

オリジナルの新作落語を披露して

客をわかせたんですと。

俳優から歌舞伎役者に転身した

香川照之みたいに伝統芸能への挑戦。

これも勇気ある「だらず精神」だと思います。

なにしろトレードマークだったチョビヒゲを剃って

高座に上がったらしいですよ。

落語はいろいろな役を演じるため、

ヒゲを生やさないのが常識で

桂三枝師匠が感心してたそうですわ。

「剃るようにとは言っていなかったので

本気やなあと思った」

マジメにフマジメが「だらず」の極意。

3がつかなくても何時でもDARAZ。

いやあ、心から尊敬します。

でも、だれだかわかんないので

似顔絵はヒゲを描きました。

早くヒゲなし似顔絵でも

世間から認知されるように

頑張ってほしいですね。

放送作家から芸人、そして落語と

厳しい世界を三回打ち勝ったら

これはオイシイ!

勝つ三度




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏