軍艦奉行顔

石破茂

防衛大臣

イージス艦が漁船を確認した時間が

2分から12分に修正されるのに

石破サンが情報を丸一日近く

抑えていたことがわかったそうな。

当然「情報操作」だと非難を受けることに(2/26)

これに対して石破サンは

「確認するための作業に

当然時間がかかる。

正しい確認作業だった」

と仰ったそうな。・・・なるほど。

ん?だけど、そうだとすると、大変だ!

防衛省はもっと深刻な問題を

抱えていることになるではないか。

だって、今回、現場で大変な事故が起こって

トップの石破サンの所に第一報が届くのが

1時間半かかったんだよね。

防衛省がそういう伝言ゲーム体質だとすると、

2分か12分かいったいどっちがホントなんだ!

というトップの声が

組織の末端に伝わって帰ってくるのは、

1時間半×2で

それでも最低3時間あれば

確認は済むことになる。

ところが、実際は丸一日かかったんだから、

24時間-1時間半=22時間半

つまり組織トップの石破サンの指示が

末端に伝わるまでの所要時間が

22時間半

もかかったことになる。

組織内の情報伝達が、

上りより下りの速度が十数倍遅い。

国を守るという任務を考えたら

致命的な欠陥だと思うけど

それでも石破サンはこれが

「当然」と考えているとのこと。

発射から数十分で

ミサイルが着弾する時代に、こんな

江戸時代の

軍艦奉行

みたいな泰然さでいいの?




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏