一徹顔

ウォルト・コワルスキー

(クりント・イーストウッド)

話題の映画「グラン・トリノ」の

試写会に行ってきたよ(4/14)

監督兼主演のイーストウッド氏は

この映画以降、監督業に専念すると、

実質的な役者引退宣言をしているので

この役が名優の「最後のキャラクター」。

つれ合いに先立たれ、人生の最終章を迎えた

一人暮らしの頑固な老人。

息子や孫たちともなれ合いを拒否し、

自分の価値観に合わないと

容赦なく毒づいて、妥協しない。

そのせいで周囲から孤立してしまっている

偏屈で頑固な元軍人。

う〜んとね、わかりやすく言うとね

星一徹が生きてたら、

きっとこんな感じかな。

ワタシは英語のスラングが

全然わかんないんだけど、

このUS一徹ジイさん

字幕の戸田奈津子さんが

さんざん苦労してそうな差別発言を

随所で口にしていたな〜。

中国の山岳少数民族の隣人をはじめ

黒人の不良グループやヒスパニック系に対して

罵詈雑言の数々。

いや白人にだって容赦ない。

今回、日本人のキャラクターは

残念ながら登場しないけど、

主人公が昔、フォードの職工だった

という設定だから当然、

日本車や日本人はやり玉に上がってた。

差別発言・不適切表現の

オンパレードのようなのに

上映が問題にならないというのは

一徹した態度が理由なのかな。

どんな国籍も人種も職種も

差別無く差別




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏