日時 2014年12月13日(土)午後3時半 開演 (午後3時開場)

場所 シネカフェ・ソト (JR埼京線・十条駅徒歩30秒) 

東京都北区上十条2-27-12 地階
TEL:
03-3905-1566

http://www.cinecafesoto.com/category/2850297-1.html

入場料 2000円

出演 ゴロ画伯(絵と語り) 吉見征樹(タブラ) 壺井彰久(エレキヴァイオリン)


新宿駅から11分、池袋駅からは5分の十条駅。

そして十条駅を降りてわずか30秒の超便利な場所なのに

シネカフェ・ソトの扉を開けると

映画館と老舗バーカウンターを組み合わせたような

レトロ感ただよう不思議空間。

35ミリ映画を映すための本格的なスクリーンに

投影するエレキ紙芝居、今回のテーマは

日本人に生まれて良かった!

そう思える、スカッとする痛快なドラマを用意しました。

日本人が知らない日本人の感動実話を堪能して下さい。

吉見征樹(タブラ) 壺井彰久(エレキヴァイオリン)

超絶ミュージシャンとのコラボ合体すれば、

笑いあり、涙あり、感動ありの

「エレキ紙芝居ライブ」


おなじみインド打楽器・タブラ演奏の第一人者、吉見征樹のおっちゃんの爆裂トークに加え、

エレキ・ヴァイオリンの驚愕の調べ、壺井彰久!脳を刺激する幻想的な音色!

ゴロ画伯の時事ネタ、すべらない話で抱腹絶倒!

日本でただひとつのスペシャルユニット!

「エレキ紙芝居ライブ」を体験しにゼヒゼヒお越し下さい!来て下さい!

大人のための上質エンターテイメントをガンガンお届けします!


おまちしてま〜す!

哀の劇場 2014 目次

哀の劇場 2012 目次
レッドの国では、いまマンガやアニメ産業の振興策がめざましいそうですね。いつまでも、パクってばかりじゃイカン、国が後押しするから、もっと金を稼げるようにオリジナル作れ!ということなんでしょうか。

ワタシが得意にしている時事風刺のジャンルはどうなんでしょう。たぶん、後押しはしてくれないでしょうねえ。それどころか、きっと、手を出すとやばいことになりそうですよね・・・・・。

風刺漫画のない漫画大国なんてあるんでしょうか。

でも、日本も「風刺」という言葉は死語になりつつあるような気もします。すべてのエンターテイメントで、めんどくさい「風刺」というスパイスを入れたがらない風潮があるような。だ〜れも、ワタシに時事風刺を発注してこないですもんね。

ところで、今週土曜、5月26日は「だらず夜市」

山陰近辺にお住まいの方は、ぜひ遊びに来てくださいね!

全国のシャッター通りを生き返らせる、切り札コンテンツです!