多事争論顔

筑紫哲也キャスター

番外編とでも言ったらいいんだろうか

多事争論の「最終回」が

TBSの追悼番組で紹介された(11/11)。

療養中の病院の屋上なのかな、

鉄柵の背後に広がる青空の下で

NEWS23では90秒だったそうだけど

とうとうと7分近く持論を展開していた。

いわく、事は単純で、

「この国はガンにかかっている」

そうだ。

人間はガンにかかると、

栄養やエネルギーを、ガンにとられてしまう。

本来人間が生きるために使うべきところに

むかなくなっちゃうんだそうな。

筑紫さんは、そのわかりやすい代表として

道路の例を挙げていた。

「道路を作るために59兆円というお金を

むこう10年間ず〜っと使い続ける。

つまりヘンなところにお金が行ってる」

なるほど。そういうことが、この国のガンなんだ。

じゃあ煎じ詰めると「利権」ということになるのかな。

だとしたら、それこそ日本全国

津々浦々まで様々なガンの転移が

進んでいる気がするんだけど・・・。

「しぶといけど、何もしないでいるわけにはいかない」と

筑紫さんは最後の最後までガンと闘った。

残されたワタシたちはどうすべきなんだろう。

ガン細胞政治家を見つけ出して

糾弾していくしかないのかなあ・・・。




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏