初エッセーを出版中止

2012.1.13

浅田真央選手


だらず様、真央ちゃんが

出版予定していた初のエッセー

「大丈夫、きっと明日はできる」を

発売直前に中止したそうですよ。

なんでも、出版元のポプラ社が

全国書店などに配る予定だった販促用ポスターに

「ママ、ほんとうにありがとう」

の文言が強調して使用されたのに

カチンときたみたい。

ポプラ社の担当者は

「本の内容自体に虚偽はないが、

亡くなられたお母様が、

あたかも商売の道具にするかのように

見えてしまう宣伝・告知をしたことが問題だった。

大変、ご迷惑をおかけした。 」

と謝ってるとか。・・・そうなのかなあ。

なんか、ずれてるような気がする。

たぶん、真央ちゃん本人に相談なしで

このキャッチコピーをばばーんと

印刷物に使ったんでしょうね。

で、そのチラシなりポスターを

真央ちゃんがはじめて見たとき

自分の笑顔に重ねてこのセリフが

いきなり目に入ったわけだ。

自分の一番デリケートな気持ちを

だれか知らない宣伝マンに

勝手に言わされちゃってる。

たぶん真央ちゃん自身だって、

ほんとうにありがとう、そう思ってるに違いない。

ただ、人に言わされたくないでしょう。

まるで芝居のセリフみたいになっちゃうじゃん。

全部がウソっぽく、安っぽく見える。

そこにカチンときたんじゃないですかね。

なんといっても、真央ちゃんはアスリート&アーチスト。

思いや感情、メッセージなどを

言葉ではなく、体全身を使って表現することに

ず〜っと打ち込んできたんだもんね。

無言だからこそ、価値がある世界。

特に、お母さんが亡くなって、

欠場は当然と思われていた

全日本選手権に強行出場して

そこで持てる技術のすべてを出し切って優勝した。

見る人は、そこに真央ちゃんの

言葉にできない母に対する感謝の

大きさを感じて感動した。

そういうことでしょう。

本の宣伝とはいえ、真央ちゃんの思いを

軽々しく代弁した

無神経さが一番大きいことじゃなかった?

真央ちゃんのマネジメント担当者 は

「ポプラ社に対しては不信感がある。

発売中止になった本が今後、

改めて同社から出版される予定はない」

と話したとか。

発売前に10万部の予約、

ミリオンセラー確実だった出版を

ポプラ社が取り戻すのは

トリプルアクセル

より難しい

かも。




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏