哀の劇場 2013 目次
第352 話  どうかしてる

パク・クネ大統領はアメリカはじめ、あちこちで日本の悪口を言ってまわって、

「告げ口外交」と呼ばれてますが、いつまで続くんでしょう。

親日が罪になる国柄だそうですから、

権力があるウチに、反日努力を内外に示しておかないと、

大統領のイスから降りたとき、ヒドイ目にあうという恐怖、

それが彼女を突き動かしてるのかも。

だとしたら、エスカレートすることがあっても、

反日告げ口外交は、終わりそうにないですね〜。困りました。

でも、人の悪口を言いふらす人物は

社会常識的に言えば、信用されません。

少なくともウンザリされて、疎まれます。

だって、陰で悪口を言われるかもしれないと思えば

だれだって、そんな人とはつきあいたくないですもんね。

外交も人間交流ですから、同様に考えてもいいんじゃないですかね。

いずれ寂しい結果になることでしょう。

なにしろ、キャロライン・ケネディさんと違って、

パク・クネさんはお父さんのことを否定してますからねえ。

だって、慰安婦がホントに言うとおりの日本軍の性奴隷だったとしたら

自ら仕官したお父さんも同罪になっちゃう。

でも当時、もし「高木正雄」青年が慰安所を利用したとしても

別に悪いことではありません。当時は合法のサービス産業。

満州国軍軍官予科を首席で卒業した郷土の星ですから

日本人慰安婦さんより郷里の慰安婦さんを贔屓にして

クニの家族に楽させてやれ、と奮発したことだって

あったかもしれません。

もっとも、当時、慰安婦は兵隊さんの給料の何倍も

高給取りだったようですけどね。

なんにしても、お父さんを否定するのは止めて欲しいもんです

パク・クネさん。

以下は紙芝居ライブのご案内です。


12月1日(日)13:00〜

浅草長國寺・宝井琴梅師匠門下

「辻講釈」にゲスト出演

入場無料、投げ銭大歓迎!

http://otorisama.jp/access/access01.html


12月12日(木)19:00〜(毎月第4木曜日開催)

コタン寄席(立川流落語会)レギュラー出演

立川?伸・立川こしら・立川しらら他

東京・四谷駅から徒歩5分

http://www5f.biglobe.ne.jp/~YotsuyaKotan/

チャージ2000円+ドリンク


12月27日(金)午後2時40分〜

山陰放送BSSラジオ「ゴロ画伯のラジオ劇場」に出演

生放送で語り倒します!

http://bss.jp/radio/smile/

 

哀の劇場 2013 目次