哀の劇場 2013 目次
第336話  四面楚歌

先日、西荻窪のライブハウス、音や金時で五回目の

「おんがく紙芝居」を行いました。

「エレキ紙芝居」と称して、壁にイラストを

プロジェクター投影する方式での上演でした。

従来のクラシック紙芝居と比べ格段に絵が大きいので、

遠くからでもはっきり絵が見え好評でした。

映像設備さえあれば、何百人のホールでも上演可能。

そのうちツアー公演して回りたいもんです。

ただ、ペーパーレス、もはや「紙」芝居ではなく「壁芝居」。

共演のタブラ奏者・吉見征樹さんからは

「カミを捨てた男」とさげすまれました(笑)

いや、別に捨てたわけではないので、時と場合によっては

とくに少人数だったり、屋外ではクラシック紙芝居もやるつもりです。

ゴロ画伯の紙芝居上演その他スケジュールです。

ゼヒ、お近くの方はライブに遊びに来て下さい!

6月1日(土)

ビックリ寄席&ジャズ そして エレキ紙芝居

東京・東中野駅前3分 JAZZ BAR ビッグリバー

午後7時30分〜 チャージ無料 投げ銭歓迎

http://www.bigjazzriver.com/st/nd.html

6月2日(日)

浅草長國寺・辻講釈 ゲスト出演

東京・浅草・長國寺 境内 (宝井琴梅師匠門下講談会)

午後1時〜 入場無料 (投げ銭歓迎)

http://otorisama.jp/access/access01.html

6月13日(木)

四谷コタン 立川流落語会 ゲスト出演

東京・四谷 四谷駅徒歩5分〜

19時スタート 2000円+ドリンク代

 

哀の劇場 2013 目次