哀の劇場 2012 目次
第311   覆水盆に返らず

哀の劇場 2012 目次
ただいま、国際マンガサミットが米子市で開催中です。

200人近い国内外の漫画家さんが、山陰の小さな地方都市に集まっています。

これまでマンガサミットは世界各地で行われ、今回が13回目なんだそうですが、

各国の大都市で開催されてました。去年は北京でそりゃ、盛大に行われたとか。

なにしろ中国はコンテンツビジネスに国策として力を入れていますから。

それが、一転、今回、会場がなんと米子市なんです。

昨夜は米子市主催の漫画家さん歓迎会が皆生温泉で、

間尺にあった規模で、それなりに盛大におこなわれました。

地元・淀江のさんこ節の傘踊りとコミカルな伝統芸能に

あの、ちばてつや先生も参加しておおはしゃぎ、

伝説の漫画家、神様、生仏さまが、踊りながら大宴会場を練り歩く姿を

ひと目拝もう、写真に収めようと国内外の漫画家たちが殺到、

場内はブラボーな交流の歓喜につつまれました。

ワタシも地元在住の漫画家として、だらず様と

200人を超すマンガサミット関係者の前でステージに上り、

「だらず」こそクリエイティブの源だ!と演説しました。

みんな大拍手してくださいました。

オバマの勝利演説よりも感動しました。

以下はゴロ画伯の紙芝居上演のお知らせです。

近くの方はゼヒごらんください!

11月10日(土)鳥取県米子市児童文化センター

午後1時〜

米子まんがコンテスト発表後に上演

11月22日(木)東京・西荻窪 

ライブハウス「音や金時」

午後6時半開場 午後7時半スタート

おんがく紙芝居vol.3

タブラ第一人者・吉見征樹氏に加え、なんと、日独で活躍する、

即興フルートの達人、天田透氏が今回、おんがく紙芝居に

参戦してくれることになりました!紙芝居のコラボに、超一流の

ミュージシャン二人。いいんでしょうか?!

音楽業界から、「認可しない!」と怒られそうな組み合わせです。

この二人のセッションだけでも腰を抜かすような演奏になると思います。

一夜限りの、奇跡のコラボ、ゼヒご覧下さい!