哀の劇場 2012 目次
第310   巨大ハリケーン

哀の劇場 2012 目次 二週間ぶりの更新です。お待たせいたしました!

その間、紙芝居の新作を何本か立て続けて取り組んでました。お年寄り向けの、「詐欺・悪質商法にだまされない」紙芝居、そして児童向けの「食育・バナナは野菜?果物?」紙芝居です。

この「哀の劇場」をご覧になると、おわかりいただけるように、普段ワタシは、スパイスの効いた「大人向け」紙芝居を標榜しております。ですので、お年寄りとか、子ども向けとなると、激辛や香辛料を控えて、薄味、甘味を工夫しなければいけません。これが結構大変です。

いわば専門カレー店で和食やチョコレートケーキを作るようなモンです。絵柄も変えます。お年寄り向けには、昔懐かしい張り子の狐面のキャラクター、子ども向けにはやたらカワイイ、バナナの妖精が出て来ます。自分でも吹き出しそうです。

でもまあ、「日本一の紙芝居師」を究めるためには、守備範囲を広げる良い機会でした。作品を発注して頂いたことに感謝です。

以下はゴロ画伯の紙芝居上演のお知らせです。

近くの方はゼヒごらんください!

11月3日(土

正午ごろ〜

鳥取県米子市岩倉町 街頭紙芝居 

午後6時ごろ〜

鳥取県米子市元町パティオ広場

米子映画事変・だらず夜市 街頭紙芝居

11月4日(日)

午後2時〜

鳥取県米子市駅前蒸気機関車前ステージ

ネギ来(らい)祭り 紙芝居上演

11月10日(土)鳥取県米子市児童文化センター

午後1時〜

米子まんがコンテスト発表後に上演

11月22日(木)東京・西荻窪 

ライブハウス「音や金時」おんがく紙芝居vol.3

タブラ・吉見征樹氏との爆笑コラボ