駆け込み顔

アレックス・ロドリゲス選手

12年連続の「30本塁打、100打点」という

メジャー記録と並ぶ大記録に

2本、7点足りずに

レギュラーシーズン最終戦(対レイズ)を

迎えてしまった(10/5)

記録到達は本人も

現実的でないと思っていたそうな。

ところが成功した。

しかも、1イニングで。

6回無死1、2塁から

逆転3ランで3打点、

そして打者一巡でまわってきた打席で

今度は満塁ホームランで4打点。

1イニング7打点はア・リーグ新記録だとか。

すごい駆け込み達成だ。

ところで、これからポストシーズンを

迎えるわけだけど

実はこれからが問題なんだって。

なんでも、これだけの

スラッガーなのに、

これまでポストシーズンの

成績は極端に悪くて、

所属したチームは優勝できない

ジンクスがあるそうな。

通算26回の優勝回数を誇る

ヤンキースでさえ、A・ロッドが移籍してきてから

ワールドシリーズ出場すらできない。

一方でA・ロッドが去った直後のシーズンで

マリナーズがMLB史上

最高の勝率で地区優勝。

ヤンキースファンにとっては

A・ロッドには個人記録より、

ジンクス破り

達成して欲しいよね。




 TOPページ   ランキング一覧   ご意見


イラスト・文章の無断転載を禁止します/著作・松村宏